人気のオリゴ糖ランキングはこちら

↑ 気になる方はタップタップ ↑

妊婦が市販の便秘薬を服用する際の注意

市販されている便秘薬の多くは刺激性便秘薬です。刺激性便秘薬は直接大腸を刺激して腸の動きを活発化させることで排便を促しますが、この薬が与える刺激は大腸だけではありません。実は子宮にも刺激を与えてしまうのです。

 

特に妊娠初期は赤ちゃんの体の器官が著しい成長を遂げる時期でもあるため、この時に市販の便秘薬を服用するのは避けたいところです。

 

妊婦が市販の便秘薬を服用する際の注意

 

「植物性」成分だからといって安心するのは早い!
センナ、ダイオウ、ビサコジル、アロエ、アンゼリカなど

 

これらは全て便秘解消に有効とされる成分として人気がありますが、実は全てにおいて子宮収縮作用があるため妊娠中の服用は要注意です。

 

特にハーブ由来の成分にも注意うが必要です。ハーブの中にも子宮収縮作用を持つ成分もあるため、「植物性だから安心」とか「ハーブ由来成分だから安心」と自己判断するのは危険です。

 

市販の便秘薬を用いる際には必ず服用前に医師に相談し服用できるか否かを聞くか、病院で処方してもらう便秘薬を服用するようにしましょう。

 

妊娠中の便秘の強い味方、酸化マグネシウム

妊娠中の便秘に悩む妊婦さんの強い味方!それは酸化マグネシウムです。

 

酸化マグネシウムは水分を失いかたくなった便をやわらかくしてスムーズな排便を促すため、妊婦さんも安心して服用できます。

 

但し酸化マグネシウムで便秘解消を図る場合、服用前に必ず医師に相談することをオススメします。
最近のおすすめは「3Aマグネシア」だそうです。

 

アットコスメでも人気が出ているマグネシアですが、リピートしたくなるほど効果が高いとか。
その分、依存性も高いので休日やお腹がいたい日などに限定して飲むようにしましょう。

 

コーヒー・エネマで妊婦の便秘解消!?

コーヒー・エネマとは腸内洗浄により腸内をキレイにする商品のひとつです。

 

授乳中であれば腸内のキレイを保つために腸内洗浄がオススメですが、妊娠中の妊婦さんの場合は医師に相談し「必要が認められた人のみ」となります。

 

そのため、もし腸内洗浄で便秘解消を希望する場合は実行する前に医師に相談することをオススメします。

 

【病院で妊婦に処方されるお通じの薬または漢方薬】

 

妊娠してから便秘になると初期、中期、後期にかかわらず、病院からお通じをよくする薬あるいは漢方薬が処方されます。

 

お薬

 

・アローゼン
腸の運動が弱まっている時に効き、腸を刺激してお通じをよくします。

 

主成分…薬用植物のセンナ
効果が出るまで…個人差はあるものの服用後8時間〜12時間ほど
デメリット…長期間飲み続けると効きが悪くなってくる

 

・酸化マグネシウム
水分を引き寄せて、かたい便をやわらかくする
腸に刺激を与えて腸を元気に動かす

 

デメリット…長時間おなかにたまった便には効果がない・即効性はない
メリット…これから新たに作られる便に効果的
効果が出るまで…個人差はあるものの服用後約1週間

 

 

漢方薬

・乙字湯(オツジトウ)
あるていど体力があってお通じが悪い人向け。

 

お通じをよくする
痔の炎症をおさえる

 

 

・大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)
腸を元気に動かすよう刺激してお通じをよくする。

 

子宮収縮作用
骨盤内臓器の充血作用

 

が認められ早産または流産の原因になりかねないため、
飲みすぎに要注意。医師の指示に従うこと!

 

 

・桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)
体力があまりなく胃腸が弱い人向け。

 

おなかの張り
おなかの痛み
お通じが悪い
下痢