人気のオリゴ糖ランキングはこちら

↑ 気になる方はタップタップ ↑

妊婦の便秘と市販の便秘薬

妊娠中の便秘に市販の便秘薬を用いる妊婦さんもいますが、妊娠中の便秘はできるだけ医師に相談し病院から処方された便秘薬を服用した方が安心です。

 

便秘薬とはいわゆる緩下剤、緩下薬、下剤ともよばれており服用することで、

 

直接腸を刺激して強制的には便を促す

かたくなった便に水分を与え便をやわらかくして排便しやすくする

 

 

これらのタイプがあります。いずれも便秘で滞った便通を改善するのが目的です。

 

しかし妊婦が安易に便秘薬を服用しない方がいい理由として、便が出た後も便意が治まらず下痢気味になることがある!という点が挙げられます。

 

このように便秘薬の副作用を考えれば妊娠中はできるだけ病院から処方された便秘薬で便秘対策した方が安全だと言えます。

 

便秘薬の種類を知る

 

便秘薬にはいくつか種類がありそれぞれタイプが異なるため、自分の便秘の症状に合ったものを選ぶ必要があります。但し妊娠中の妊婦さんは病院から処方される便秘薬を服用するようにしましょう。

塩類下剤
ナトリウム化合物あるいはマグネシウム化合物が成分
浸透圧を利用することで腸の中に水分を留める
これにより腸を刺激し腸の運動を活発化させる
即効性がある

糖類下剤
途中で分解や吸収されず成分が大腸まで届く
大腸で分解され便を酸性化させ浸透圧作用で排便を促す
血圧が下がることがあるため糖尿病の人は要注意

浸潤性下剤
便の表面張力を弱め腸を移動しやすくさせる
重大な副作用の心配はない
穏やかな効き目で即効性は期待できない
一般的に刺激性下剤と併用される

膨張性下剤
便の中からやわらかくし体積を増やす
便がやわらかくなることで水分の吸収率が高まる
水分を吸収し便が膨張することで腸を刺激し排便を促す
妊娠中は子宮収縮を引き起こす可能性があるため要注意

刺激性下剤
直接、腸壁を刺激し便意を促す
副作用が少ないため妊娠中でも服用できる

自律神経作用薬
自律神経を刺激し腸の運動を調整する
痙攣性便秘の場合…交感神経を刺激
弛緩性便秘の場合…副交感神経を刺激
便秘タイプによって適するタイプが異なる

 

これらに加え広域の意味をも含めると浣腸も便秘薬の一種となります。

 

妊婦でも服用できる市販の便秘薬は刺激性下剤となりますが、膨張性下剤は子宮収縮を起こす恐れがあるため妊娠中の服用は大変危険です。

 

市販の便秘薬で便秘対策する場合は医師に相談して服用を認められた便秘薬を服用するようにしましょう。