人気のオリゴ糖ランキングはこちら

↑ 気になる方はタップタップ ↑

妊娠中は便秘より下痢に要注意

妊娠前から便秘で悩まされる女性は多く、妊娠したことで更に便秘が酷くなるケースも少なくありません。

 

妊娠中は便秘より下痢に要注意!

 

下痢をすると子宮収縮により妊娠経過に悪影響を与える可能性が高まります。そのため妊婦が便秘解消のために自己判断による市販の便秘薬を服用することは避けたいところです。

 

ですが妊娠中は様々な理由により便秘になりやすくなります。その便秘を悪化させないために妊娠中の便秘の原因と便秘予防に役立つ方法を覚えておくと良いでしょう。

 

妊婦が便秘になりやすい理由

妊娠初期や妊娠中期に便秘になりやすい理由として挙げられるのは、黄体ホルモンの影響によるものです。

 

黄体ホルモンと妊婦の便秘

黄体ホルモンが多く分泌されることで腸の動きが鈍る
腸の動きが鈍ることで便が腸内を移動し難くなる
腸内を便が移動しなくなると排出されず腸内に便が留まる
その結果、便秘になる

 

妊娠初期の便秘の原因

つわりで食事量が減少
食事量が減ることで便の材料も減り排便リズムが崩れる
嘔吐を伴うつわりで水分不足となる

 

特に妊娠初期はつわりと黄体ホルモンの両方の影響を受けることで便秘になりやすくなります。中でもつわりの症状は人それぞれなので、水分だけでも摂れる場合にはこまめな水分補給を心がけましょう。

 

 

妊娠後期の便秘の原因

 

お腹の中の赤ちゃんの成長に従い子宮が大きくなる
大きくなった子宮は腸を圧迫
圧迫された腸は動きが鈍くなる

 

薬剤の副作用による便秘

妊娠中に貧血が酷く鉄剤を服用している場合
鉄剤の副作用の一つに便秘が挙げられる

 

排便時に上手くいきめない

お腹が大きくなるに連れて排便時にいきむのが怖くなる
いきむとお腹の中の赤ちゃんに影響があるのでは?といきめなくなる

 

妊婦と痔

妊婦は便秘を繰り返すことで痔になりやすくなる
痔になると排便時に痛みや不快感があることで排便に苦痛を伴う
排便が嫌でトイレを我慢するようになり益々便秘が悪化する

 

【対処法】

便秘に効く食品を積極的に摂っても便秘が解消されない時は、早めに医師に相談し妊婦が飲んでも安心な便秘薬を処方してもらうことをオススメします。

 

病院から処方される薬なら妊娠中でも安心して服用できます。辛い便秘を一人で我慢しないで1日も早くスッキリ解消しましょう。